FUKUI HOSPITAL
 
トップにもどる 福井医院
ホームに戻る
福井医院
Support
人にやさしい最新の検査システム
当院のMRI、CT、スキャン、超音波診断装置、ホルター心電図は、患者さんに痛みなどの負担を全くかけず、脳や心臓の検査が行えます。
MRI検査 MRIは磁気を使って脳などを精密に検査することができ、カテーテル注入やレントゲンは使用せずに人体へは無害です。

また、当院のMRIは「オープン型システム」で、これまでの狭さに対する恐怖心、不安感を取り除くとともに音も極めて静かで、検査中の付き添いができお子様や閉所恐怖症のかたの検査も可能です。
 
CTスキャン
 
約30年前に日本に導入され、脳神経外科領域に革命を起こした検査機器ですが、現在は内科でのレントゲン検査に匹敵するほどポピュラーなものになり、頭部ばかりでなく肺や肝臓、腎臓などを患者さんに痛みと負担をかけることなく検査できます。
CTスキャン
 
超音波診断
超音波診断
 
超音波によって体外から心臓、肝臓、腎臓などを注射を行わずに検査できます。心臓の動きなどを詳細に評価でき、カラードップラー装置であるため、頭頚部、上下肢の血管異常も検出できます。
 
ホルター心電図
8時間以上、連続的に心電図を記録することで、「通常の心電図では見逃す様な不整脈や虚血性疾患をとらえる」ことができます。

また、レコーダーは小型、軽量(210g)で持ち運びは容易です。
 

(C) FUKUI HOSPITAL. All Rights Reserved.